読書でビジネス力をアップする(第29回)

支える人材(参謀)こそがリーダーをつくる

2017.10.05

クリップについて

リーダーに強さはいらない
三城雄児 著
あさ出版
1512円

 リーダーシップの本です。リーダーに必要なものは、本人の「強さ」でなく、優秀な2番手の存在であるとし、その発掘と育成、そして彼らと共に強いチームをつくる方法を解説します。

 一般に、リーダー論では「リーダーは強くあるべき」とされています。確かに偉大なリーダーたちは、強烈な個性やカリスマ性を備えているのが普通です。彼らを見て「自分にリーダーは無理」と思うかもしれません。でも、本書ではそれは間違いとし、必要なものは「資質」より「参謀」の存在だとします。そして、その考え方などを教えてくれます。

 本書の特徴は、何よりリーダーシップの本でありながら、リーダー本人でなく、周囲の人たちにフォーカスしている点です。彼らこそがリーダーをリーダーたらしめるからです。しかし、誰もが初めから有能な参謀に恵まれているわけではありません。適任者を見つけ、育て、彼らの力を引き出すことから始めなければなりません。本書には、その方法が書いてあります。

 はじめに、フォロワーの必要性と特徴を紹介し、彼らを集める方法を解説します。次いで、彼らの力を引き出す方法を紹介し、彼らを交えて行うチームづくりで締めくくります。例えば「リーダーとフォロワーは対等。役割が違うだけ」と書いてありますが、これはリーダーが忘れがちな視点です。同時に、リーダーを重荷に感じている人には勇気になりそうです。… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事≪読書でビジネス力をアップする≫

執筆=藤井 孝一

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

PAGE TOP