ゴルフエッセー「耳と耳のあいだ」(第21回)

悲観的に準備し、楽観的に行動すればゴルフは易しい

2017.04.14

クリップについて

 先日、私が主管するゴルフスクールが主催するゴルフツアーがあり、ご参加いただいた方のラウンドに同行しました。ツアーですから、ある程度コースに慣れている方が多く参加されているのですが、同行した私は「コース戦略が立てられていないな。戦略を立てれば、もっと良いスコアで回れるのに……」と感じました。多くの人が、非常にもったいないゴルフをしていると感じたわけです。

 そこで、今回はコース戦略の考え方についてお伝えしたいと思います。ゴルフに限らず、あらゆる物事の成功の秘訣として、次の考え方を覚えておきましょう。

 「悲観的に準備し、楽観的に行動する」

 これは、もともと「孫子の兵法」にある教えです。ビジネスシーンでも大切な考え方ですので、すでにご存じの方も多いことでしょう。そしてこの教えは、ゴルフにおいても全く同じなのです。

スコアはコース戦略と戦術で8割が決まる

 ゴルフのプレーにおいて、スイング技術だけを追求しても上達はかないません。フィジカル(体)やメンタル(心)を強化することも大切です。つまり、心技体を「三位一体」で向上させることが必要になります。

 そして、スイング技術に限らず、コースプレーにおける「戦略」と「戦術」もゴルフにおいて必要な「技」として求められます。

・ゴルフの「戦略」
 自分の飛距離やショットのクセ、得手不得手を考慮し、ホールごとに攻略ルートを講じること。このホールはティーショットをどこに打ち、その後どのようなルートでグリーンに乗せ、最終的にどうカップインさせるかというコースの攻め方を具体的に描くのが戦略です。

・ゴルフの「戦術」
 ショットの局面において、残りの距離や高低差、風の状態やボールのライ、そしてバンカーや池といったの障害物がどこにあるかなど、あらゆる情報を収集し、狙い所や使うクラブ、どう打つかを考える。これが戦術です。

 ゴルフのスコアは、このコース戦略と戦術で約8割が決まるといっても過言ではありません。

「慎重さ」と「楽観主義」を共存させよう… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事≪ゴルフエッセー「耳と耳のあいだ」≫

執筆=小森 剛

執筆=小森 剛ゴルフハウス湘南

有限会社ゴルフハウス湘南の代表取締役。「ゴルフと健康との融合」がテーマのゴルフスクールを神奈川県内で8カ所運営する。自らレッスン活動を行う傍ら、執筆や講演活動も行う。大手コンサルティング会社のゴルフ練習場活性化プロジェクトにも参画。著書に『仕事がデキる人はなぜ、ゴルフがうまいのか?』がある。

PAGE TOP