IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第14回)

AI搭載ロボットで売り上げアップ

2017.04.21

 最近、イベントや商店、銀行などで人型ロボット・Pepperを見かけるようになった。子どもや若者に人気なので集客の役割はもちろん、客への挨拶、キャンペーンや商品の案内、待ち時間対応(コミュニケーションやゲーム)など、結構1人前の社員的な働きも担う。

「pepperくんが入行した」という四国銀行の告知ページ。彼の勤務店舗や業務内容も案内される

 問い合わせや購入相談などは、Webページからチャットで行うシステムが増えた。このチャット、ある段階までは、AI(人工知能)の自動回答を採用している場合がある。そもそも問い合わせ内容は70~90%が定型質問だという。ある程度はAIでさばけてしまうのだ。

 こうしたAIやAI搭載のロボット導入のメリットは、コスト削減だといわれることが多い。業務用Pepper(Pepper for Biz)の場合、業種別アプリの導入で専門職としてもすぐに働けて、なんと月給5万5000円。1人雇うのに比べ、断然低コストで済む上、機能も話題性も十分だ。導入により売り上げや集客、業務効率が向上した、などの話もよく聞く。

 PepperをはじめとするAI搭載のロボットやAIの回答システムのほかにも、安いコストで提供されるAIによる解析・分析サービスなども人気だ。そういえば、上場企業が発表する決算データを基に、AIが記事を作成する日本経済新聞のAI記者の取り組み「決算サマリー」も昨年、話題を呼んだ。

 AIがこのところ大きく活用され始めたのには理由がある。過去のAIは、膨大な知識やルールを人間がすべて教え込む必要があり、実運用にはなかなか至らなかった。ところが最近のAIは、自分でルールやセオリーを見つけ出して学ぶ。「ディープラーニング(深層学習)」で、人間が教え込まなくても答えを導き出せるようになったからだ。

AIを活用したサービスが相次ぐ… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事≪IT時事ネタキーワード「これが気になる!」≫

執筆=青木 恵美

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体はPC Online、ITpro、日経トレンディネットなどに記事を執筆。PC Onlineの「信州ITラプソディ」は、2008年より長期にわたり好評連載中のコラム。日経パソコン誌など雑誌媒体にも多く執筆。日本経済新聞「ディスカバー!電子版」にて、日経電子版を使うための解説を連載中(夕刊/隔週木曜)。

関連記事

Biz Clip 無料会員登録

このページの先頭へ