視点を変えて可能性を広げるITの新活用術(第1回)

セキュリティーカメラが業績向上に威力を発揮?

2017.03.22

クリップについて

 オフィス、工場、店舗など業務施設に設置されるカメラの一番の利用目的は防犯だ。物流事業者や小売事業者は倉庫や店舗にセキュリティーカメラを設置して、盗難に備えているケースが多い。多くのオフィスビルにおいても不審者対策としてカメラを設置し、管理センターでチェックしている。

 最近では、こうした外部からの脅威を排除する目的以外にセキュリティーカメラを活用するケースが出てきている。カメラから得られる情報を活用して、業績向上に生かそうとする取り組みが増えているのだ。

幅広い業種でカメラの活用が始まっている

 例えば飲食業で店舗にカメラを設置する目的は、店内のモニタリング。まずは、来店客とのトラブル監視や防止、さらには従業員による不正行為の監視や防止などに記録映像を利用する。

 こうした防犯面だけではなく、従業員と来店客とのやり取りを記録した映像によって、接客の改善点を指導し、サービスの向上を図るケースも出てきている。社員教育面での活用だ。顧客とのトラブルがあった場合も、その映像を証拠として使うだけでなく、よりよい対応を考える教材にする。… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事≪視点を変えて可能性を広げるITの新活用術≫

執筆=高橋 秀典

執筆=高橋 秀典

関連記事

PAGE TOP