読書でビジネス力をアップする(第15回)

論理的な「仕事のやり方」がわかる本

2016.07.07

クリップについて

論理的な「仕事のやり方」がわかる本
西村克己著
KADOKAWA
1404円

 論理的に考えながら仕事を進める方法が学べる仕事術の本です。感覚やセンスではなく、論理的思考をベースに、モレのない仕事の進め方が分かります。若いうちは「センス」や「勘」で、何とかなるかもしれません。しかし、感覚に頼る仕事の進め方は、いずれ行き詰まります。意識して論理的に仕事をする習慣を付けるべきです。

 とは言え、職場で学ぶだけでは非効率です。職場自体が、非論理的な思考や慣習で溢れていることも少なくないからです。だから、本書で学びます。

 構成は、まず冒頭でタイプ診断をします。多くの人が「非論理的」に仕事をしていることに気付くかもしれません。少なくとも、かつての私なら「重症な非論理くん」と診断されたと思います。これを踏まえ、次に「論理くん」タイプになることをめざし、論理思考を身に付けます。ここは、本書全体の方法論の基礎に当たる箇所です。

「努力しているのに評価されない」ワケ… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00005015

執筆=藤井 孝一

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

連載記事≪読書でビジネス力をアップする≫

PAGE TOP