人生を輝かせる山登りのススメ(第15回)

おもしろ山名を探せ!<難読山名>

2016.09.29

クリップについて

 地図や登山のガイドブックを見ていると、不思議な山名を見ることがよくあります。今回は面白い山の名前から、普通には絶対に読めない難読山名を、その由来や伝説とともに紹介します。

『日本書紀』にも登場する歴史ある名前、後方羊蹄山

 おなじみ、「日本百名山」の中にもどのように読むのか、悩まされる山がいくつかあります。その筆頭は富士山そっくりの形をしていて蝦夷(えぞ)富士とも呼ばれる後方羊蹄山(北海道、1898m)。普通に読めば「こうほうようていざん」ですが、これは「しりべしやま」と読みます。北海道に多いアイヌ語由来の山名かと思いきや、「後方羊蹄」という名は『日本書紀』にも載っていて(この山のことであるかは不明)、日本語由来だというから驚きです。「後方」は漢字の通り「後ろの方」で「しり」、「羊蹄」は植物のギシギシのことだそう。ギシギシは「シ」ともいわれて、これが後方(しりへ)羊蹄(し)となったといいます。最近は「後方」を略して「羊蹄山(ようていざん)」と呼ばれるようになりました。

わざと読みづらくしたでしょ?皇海山… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00020015

執筆=小林 千穂

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どものころに山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、現在はフリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』など登山専門誌に多数寄稿するほか、山番組にも出演。著者に『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)などがある。2014年に南米のチンボラソ(6310m)に登頂。

連載記事≪人生を輝かせる山登りのススメ≫

PAGE TOP