転ばぬ先のバックアップ(第1回)

ここがポイント!クラウドストレージのメリット

2015.07.31

クリップについて

 増え続ける社内データの管理は、企業規模の大小を問わず頭の痛い問題だ。専用のストレージを増設すればコストがかかるだけではなく、バックアップを取るだけでも大変な手間になる。拠点ごとにファイルサーバーを設置している場合、情報が分散してデータを経営に生かすことが難しくなる。こうした課題を解決する有効な手段として、今、多くの企業が注目しているのがクラウドストレージの活用だ。

中小企業でもストレージは、社内設置型からクラウド型へ

 東日本大震災以降、大容量の法人向けのクラウドストレージサービスをBCP対策として導入する企業が増えている。当初は価格が高額だったこともあり、中小企業での導入事例は少なかった。その後、南海トラフ地震のリスクが高まるなかで、業種や規模にかかわらずクラウドストレージを導入する事業者が増えてきた。

 2015年4月、調査会社ノークリサーチでは「中堅・中小企業におけるオンラインストレージサービスの活用実態に関する調査報告」において、ファイルサーバー型サービスの導入率は37.1%に達し、オンラインストレージ(クラウドストレージ)サービスは今後もさらに普及する、としている。

クラウドストレージ、何がメリットか

 クラウドストレージを利用するメリットと、社内設置型ストレージにした場合の問題点をまとめてみた。… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00026001

執筆=井上 隆文

執筆=井上 隆文

あわせて読みたい記事

連載記事≪転ばぬ先のバックアップ≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる