一足お先に!IT活用でパワーアップ(第24回)

アプリで子育て支援!日本一小さな村の挑戦

2018.01.31

クリップについて

 日本一小さな村として知られる富山県舟橋村。「子育て共助」をキーワードに、村への転入促進や安心して出産・子育てができるコミュニティーづくりに取り組んでいる。舟橋村は、国立大学法人富山大学地域連携推進機構(以下、富山大学)、およびNTT西日本、NTTアドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)とICT連携協定を締結。さまざまな取り組みの中の一環として、村の職員とNTTグループが一体となり、子育て中のパパやママを応援するスマホアプリを開発し、実証実験を進めている。

<舟橋村>

舟橋村役場

富山県のほぼ中央部に位置し、面積3.47㎢の日本一小さな自治体として知られる。村の中央には富山地方鉄道が走り、隣接する富山市中心部へ電車で約15分、車は20分でアクセスできる。この地理的な好条件や宅地造成により、富山市のベッドタウンとして近年は人口が急増。過疎化が進む地方自治体が多い中で注目を浴びている。富山地方鉄道「越中舟橋駅」駅舎と一体になった舟橋村立図書館は、住民1人当たりの貸出冊数で全国トップ※になっている。
※「日本の図書館 統計と名簿2016」による

 舟橋村は1989年から開始した宅地造成をきっかけに、子育て世代が多く転入した。村の人口は1400人から3000人に倍増となった。2015年の国勢調査によると、15歳未満の年少人口割合は18.4%。市町村別で見ると全国14位の高さを誇る。村の平均年齢は2016年時点で約40歳となっており、子育て世代が数多く暮らす。

生活環境課 吉田昭博課長

 だが、「高校を卒業する18歳になると進学や就職で村を出る若者も多く、30代と40代が突出するいびつな年齢構成です。村独自の人口予測では、何も手を打たなければ2060年に現在の2/3の2000人まで減少します」と舟橋村生活環境課の吉田昭博課長は危機感をあらわにする。

 こうした危機感を背景に村の若手職員らが中心となり、富山大学の協力を得ながら、まちづくりで成功している他の自治体の事例を研究した。村の現状と今後の課題の分析を行い、2013年に「舟橋村環境総合整備計画」を策定した。

 「子育てするなら舟橋村! 住み続けるなら舟橋村!」を目標に、子育て世帯の減少に対しては「子育てサービスの充実」、平成初頭の宅地造成で転入し中高年期を迎える世帯の増加に対しては「地域の信頼を醸成」を打ち出した。地域として生き残る戦略だ。以下、特に子育て支援の取り組みを紹介する。

子育てコミュニティーに関するICT連携協定を締結… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00036024

執筆=山崎 俊明

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

連載記事≪一足お先に!IT活用でパワーアップ≫

PAGE TOP