ゆとり世代の叱り方・教え方Q&A(第11回)

「最初にウーロン茶」「おしゃれは個性」どうする?

2017.02.08

クリップについて

 ゆとり世代の叱り方・教え方を具体的なケースで学ぶ連載の第11回。飲みの席で場を読まずに最初からウーロン茶を頼む、派手な服装や髪形を個性と主張する場合の対処法です。

Q 職場の皆でお酒を飲みに出掛けたところ、部下が最初からウーロン茶を頼みました。「最初くらいビールにしろよ」と言うと、「何でそんな必要があるんですか?」と言います。付き合いづらいです。

A 理屈では割り切れない「大人の付き合い」について知ってもらいましょう。… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00063011

柘植 智幸

柘植 智幸じんざい社

1977年大阪生まれ。専門学校卒業後、自分の就職活動の失敗などから、大学での就職支援、企業での人財育成事業に取り組む。就職ガイダンス、企業研修、コンサルテーションを実施。組織活性化のコンサルティングや社員教育において、新しい視点・発想を取り入れ、人を様々な人財に変化させる手法を開発し、教育のニューリーダーとして注目を集めている。さらに、シンクタンクなどでの講演実績も多数あり、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、経済界、日経ベンチャーなど多数のメディアにも掲載される。

連載記事≪ゆとり世代の叱り方・教え方Q&A≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる