めざせデジタルインフラの構築(第6回)

小さな店舗に手軽にWi-Fiを導入する方法

2018.10.15

クリップについて

 店舗に無料Wi-Fiを導入したい。どうすればいいか分からない小規模店舗オーナーは多い。どんなサービスがあるのだろうか。

 現在、よく街中で見かけるのが、携帯電話各社(キャリア)のWi-Fiサービスだ。NTTドコモの「docomo Wi-Fi」、ソフトバンクの「ソフトバンクWi-Fiスポット」、auの「au Wi-Fi SPOT」などがある。いずれも空港・駅、カフェ、コンビニ、ファミレスなどで、Wi-Fiサービスを展開している。Wi-Fi対応のスマホやタブレット、パソコンといった端末でサービスを利用できる。

 こうしたキャリアのサービスは、導入の初期費用もかからず、ランニングコストも無料だ。ただし、無料で利用できるのはその携帯電話会社と契約している端末に限られるなど制約がある。docomo Wi-Fiの場合、無料で接続できるのはドコモ回線を契約しているユーザーが使っている端末だけだ(無料の適用条件を満たした場合)。つまり、誰でも自由に無料で接続できるようにしたい店舗オーナーのニーズを満たすとは言い難い。

誰でも接続できる無料Wi-Fiサービスを簡単に提供

 一方、店舗用有線放送を手がけるUSENの「USEN SPOT」、KDDIグループのワイヤ・アンド・ワイヤレスの「Wi2 Freeキット」、NTT西日本グループのNTTメディアサプライが提供する「DoSPOT」などは、通信キャリアの制限はない。手軽に無料Wi-Fiサービスを提供できるようにするサービスも、たくさん用意されているのだ。

 例えば、USEN SPOTの場合、NTT西日本とNTT東日本の「フレッツ 光ネクスト」(マンションタイプ・ファミリータイプ)か、NTT東日本の「Bフレッツ」(マンションタイプ・ファミリータイプ)を契約した上で、USENが提供するルーターを接続する。これにより通信キャリアの制限なくスマホやタブレットがインターネットにつながる環境が構築できる。来店者は初期登録さえ行えば、無料で利用可能だ。ただし、USEN SPOTの導入には初期費用が必要で、導入後にも月額料金を支払う。

 Wi2 Freeキットも既存のインターネット回線に、同社の提供するアクセスポイントを接続すれば無料Wi-Fi環境ができる。USEN SPOTと同様に初期費用と月額料金がかかる。

店舗運営用と来客用で分割して運用… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00113006

執筆=山崎 俊明

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

連載記事≪めざせデジタルインフラの構築≫

PAGE TOP