脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」(第9回)

IEEEってイーもの?

2018.05.23

クリップについて

 「パソコンは仕事で使っているけれど、ITはよく分からない」というITオンチの社長にも理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は無線LANの通信速度の説明に出てくる「IEEE(アイ・トリプル・イー)」だ。

「社長、社員のパソコンの調子が悪くなっています。社員から不満の声がすごいんですよ。責められて私もつらい……。これを機に、わが社もノートパソコンと無線LANを入れましょう」(総務兼IT担当者)

「まだ使えるだろう」(社長)

「もう無理です。ノートパソコンのカタログを見てたら、最新のIEEE規格なら無線LANの通信速度がすごく速いらしいです」

「君、あごの調子が悪いのか。アイイーーってどうしたんだ」

「あごの調子よりもパソコンの調子が悪いんですよ。ノートパソコンと無線LANにすれば、ごちゃごちゃの配線がなくなりますし、最新のIEEE規格対応なら、自分の席以外でも通信速度を気にせずパソコンが使えるようになります」

「君のあごのほうが気になるな」

「アイーって言ってるのは、ケーブルなしで通信できる無線LANの規格のことですよ。英語のアイ(I)が1つ、イー(E)が3つで、IEEEです」

「イーが3つも並ぶのだから、きっとイーんだろうね」

高速な無線LANで働き方を変える

 社内ネットワークの高速・広帯域化が進み、大容量のデータを手軽にやり取りできるようになっています。オフィスに高速通信が行える無線LANとノートパソコンを導入し、社内のあらゆる場所で働ける環境を整備した企業も増えています。今回は、無線LANのカタログなどに記載されているIEEEって何?という疑問に答えます。

Q IEEEとは何ですか… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00114009

執筆=山崎 俊明

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

連載記事≪脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」≫

PAGE TOP