脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」(第14回)

ストレージで体のぜい肉を減らす?

2018.10.24

クリップについて

一度聞いただけではなかなか理解できないIT用語。そんなITオンチの社長にも分かるように、難解なIT用語を解説する本連載。今回のテーマは「ストレージ」だ。

「社長、ファイルサーバーのデータが一杯になってきたので、社内ストレージの増設かクラウドストレージを検討しませんか」(総務兼IT担当者)

「ストレー……?いまさら君に言われなくてもやっておる」(社長)

「やっておられる?ストレージを?」

「体のぜい肉を減らそうと、風呂上がりにいつもストレッチしておるぞ」

「ストレッチじゃありませんよ。会社のデータを保管するストレージのことですよ。最近はストレージの装置を買わなくても、クラウドに預けられるようになっているんです」

「ストレッチとストレージ。何だかややこしいな。わしのおなかのぜい肉がスリムになるなら、何でもいいぞ」

ストレージはデータの保管場所

 ストレージには保管や格納という意味があり、IT分野ではデータを保管する装置・仕組みをストレージと呼んでいます。ストレージがあれば社員はデータを共有しながら、効率的に仕事ができます。業務用データを格納するストレージを社内に置いて利用する場合もあれば、ストレージの機能をネットワーク経由で利用する「クラウドストレージサービス」を活用する場合もあります。

Q ストレージにはどんなタイプがありますか… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00114014

執筆=山崎 俊明

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

連載記事≪脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」≫

PAGE TOP