脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」(第21回)

「Wi-Fi」を入れずに飲み会でごまかす社長

2019.08.21

クリップについて

 耳にしたことはあるけれど、内容はなかなか理解できないIT用語。そんなITオンチの社長にも理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は会社や自宅でもきっと使っているはずの「Wi-Fi(ワイファイ)」だ。

「社長、オフィスのWi-Fi(ワイファイ)をそろそろ新しいタイプに切り替えませんか」(総務兼IT担当者)

「なに!ワイワイの新しいタイプって何だ。お祭りでもするのか」(社長)

「何だか楽しそうですね、って違いますよ。Wi-Fiは無線LANのことです。社長もタブレットでインターネットを閲覧したり、メールのやり取りに使ったりしているじゃありませんか。高速のタイプに切り替えれば、もっと快適に通信できますし、社員同士もコミュニケーションが取りやすくなるんです」

「そうか。そのワイファイとやらでワイワイ楽しくコミュニケーションできるなら、切り替えを検討してみるか」

高速な無線通信規格のWi-Fiが続々登場

 オフィスや家庭のネットワークとして一般的になっているのがWi-Fi(無線LAN)です。Wi-Fiはもともと、米国の無線LANの業界団体が付与するロゴを表す言葉でしたが、現在は無線LANの代名詞のように使われています。無線通信技術の進化とともに、より高速な無線通信規格のWi-Fiが次々と登場し、ノートパソコンやタブレットでの大容量データのやり取りも快適に行えるようになってきました。

Q 高速なWi-Fiが必要な理由を教えてください… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00114021

執筆=山崎 俊明

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

連載記事≪脱ITオンチ「社長の疑問・用語解説」≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる