情報のプロはこう読む!新聞の正しい読み方(第11回)

新聞記事をネットで読むと見えなくなるもの

2019.05.23

クリップについて

 一口に新聞記事といってもさまざまなタイプがあります。分類の方法にもいろいろありますが、まずは大きさや紙面上の位置に注目してみましょう。

大きさと紙面上の位置による分類

――トップ(アタマ)、サイド(カタ・ワキ)、段モノ、ベタ、短信

 「一面の見方」などでも触れましたが、新聞社はニュース記事を重要度によって格付けします。この格付けはタテ見出しの段数などに加え、紙面上の配置によっても表現されます。具体的には、右上から左下にかけて、重要な記事から順に並べるのです。

 あるページの中で最も重要なのがトップ記事です。1面はすべてのページの中で最も重要度が高いので、「1面のトップ記事」は、その日の最重要ニュースという位置付けになります。

 トップ記事は原則としてページの右上に置かれます。ただ、見開きの場合は右ページのトップ記事は左上に置かれる場合があります。

 あるページで2番目に重要な記事は「カタ」「サイド」などと呼ばれます。トップの隣、1面であればその左か左下の位置に置かれます。新聞社によって呼び方や優先順位は多少異なります。例えば日経新聞ではトップを「アタマ」、サイドを「ワキ」と呼びます。

 サイドの記事は、トップ記事を補足する目的で置かれることもあります。この場合、主となる記事を「本記」と呼び、サイドはその内容を受けて書かれた「付属品」という位置付けになります。

 例えば「日本人がノーベル賞を受賞した」という記事が本記なら、受賞者の人となりや受賞までの道のりなどを「サイド」で付けるわけです。こうした記事は「サイドストーリー」とも呼ばれます。

 このように新聞紙面では、何本かの記事を組み合わせることでニュースを多角的に掘り下げるという手法がよく使われます。例えば「本記」があって、「サイド」があって、記者会見での一問一答や用語解説が載る、といった形です。

まとまった記事がネットではバラバラになることも… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00136011

執筆=松林 薫

執筆=松林 薫

1973年、広島市生まれ。ジャーナリスト。京都大学経済学部、同大学院経済学研究科修了。1999年、日本経済新聞社入社。東京と大阪の経済部で、金融・証券、年金、少子化問題、エネルギー、財界などを担当。経済解説部で「経済教室」や「やさしい経済学」の編集も手がける。2014年に退社。11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立。著書に『新聞の正しい読み方』(NTT出版)『迷わず書ける記者式文章術』(慶応義塾大学出版会)。

連載記事≪情報のプロはこう読む!新聞の正しい読み方≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる