人気会計士が語る、小さな会社の経営“これだけ”(第10回)

「まさか」に備えて税金を払いましょう

2019.08.02

クリップについて

 顧問先2200社を抱える会計事務所を率いる公認会計士、古田土満氏が語る小さな企業の経営のコツ。前回は、リスク管理の重要性を解説しました。今回も、引き続き「まさか」のときへ備える方法について紹介します。そのポイントはやはり内部留保を増やすこと。そのためには税金を払うことが必要になります。

増加する「まさか」の事態、備えは必須

 人生には、3つの坂があります。上り坂、下り坂、そして「まさか」です。私は64歳を過ぎましたので人生の下り坂ですが、事業意欲(志)と事業は開業以来34年間上り坂です。その一方で、「まさか」がこのごろ増えてきました。想定外の出来事といってもよいと思います。

 最近だけを見ても、東日本大震災による損害、原発事故による被害、AIJ投資顧問の破綻による年金基金への損失補填、デリバティブ取引による巨額の損失などがあります。

 これらは全てうちのお客さまが「まさか」と思い、現実に損失を負担しています。世間を広く見渡せば、こうした「まさか」をきっかけに倒産した会社は多数あります。

 「まさか」に対処するためには、備えることです。リスク管理とは、何を準備するかではなく誰を知っているかです。人生や企業にはさまざまなリスクがあります。全てに備えることは不可能です。そこで知人・友人を多くして、さまざまなリスクを解決するプロと友達になることです。

 昔から、3人の友人を持てといわれています。医者と弁護士と税理士です。しかし、友人の少ない人でも方法があります。友人の多い人と1人だけ友人になることです。その人に紹介してもらえば、リスク管理ができる可能性がぐっと高まります。

税金を支払い、残った利益をコツコツためる… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00138010

執筆=古田土 満

執筆=古田土 満

法政大学を卒業後、公認会計士試験に合格。監査法人にて会計監査を経験して、1983年に古田土公認会計士・税理士事務所を設立。財務分析、市場分析、資金繰りに至るまで、徹底した分析ツールによって企業の体質改善を実現。中小企業経営者の信頼を得る。

連載記事≪人気会計士が語る、小さな会社の経営“これだけ”≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる