ロングセラー商品に学ぶ、ビジネスの勘所(第17回)

“音楽を楽しむ”で世界に広がったヤマハ音楽教室

2020.04.28

クリップについて

 日本には多くの音楽教室がありますが、その中でも長い歴史を持つのが「ヤマハ音楽教室」です。1954年に始まり、これまでに送り出してきた卒業生は550万人以上を誇ります。まさに音楽教室のロングセラーです。

 ヤマハ音楽教室の生みの親は、日本楽器製造(現・ヤマハ)第4代社長の川上源一です。日本楽器製造は1887年に創業した老舗の楽器メーカーで、オルガン、ピアノなどを製造していました。源一は第3代社長であった父・嘉市の後を受け、1950年から会社の陣頭指揮を執り始めました。

 音楽教室のアイデアが生まれたのは、1953年、源一が欧米に視察旅行に出掛けたときのことでした。ヨーロッパや米国の街では、人々がさまざまな場所で楽器を演奏し、音楽を楽しんでいます。住宅街ではどこからともなく音楽が聞こえ、知人の家に招かれると家族は楽器演奏で迎えてくれました。こうした人々と音楽の関係に、源一は衝撃を受けます。

 当時の日本では、西洋音楽は演奏会に行って著名な音楽家の演奏を聴くものという考え方が主流で、自分で楽器を演奏するという文化はほとんど育っていませんでした。「楽器を買ってもらっても、楽しみ方を知らないままでは申し訳ない」。こう考えた源一は、日本での音楽教室の開設を構想します。

 そして翌1954年、銀座の日本楽器製造東京支店の地下で「実験教室」を開講。生徒数150人という小さな教室でしたが、徐々に生徒は増えていき、1959年には「ヤマハ音楽教室」へと名称を改めました。

 それまで、日本の音楽教育は“音楽の専門家”を育成するのを目的に、音楽学校などで厳しく指導するのが一般的でした。それに対して、源一が考えたのは、純粋に“音楽を楽しむ人”を育てる教育です。

 この教育方針の柱となっているのが「総合音楽教育」「適期教育」「グループレッスン」の3つです。ヤマハ音楽教室では、楽器演奏だけではなく「聴く」「歌う」「読む」「作る」といった力も育み、音楽を総合的に捉えられるようにします。

 また、子どもは年齢によって体の状態も精神の発達レベルも異なります。身体的・精神的な発達に応じて、その時期に最もふさわしい教育が考えられています。グループレッスンは、音楽の喜びを他の生徒と分かち合い、豊かな音楽体験ができるようにとの意図があります。

海外展開しても通用した音楽教室のコンセプト

 音楽家になるために厳しい訓練をするのではなく、純粋に音楽を楽しむために学ぶ音楽教室は大きな支持を受け、生徒数は設立10年で約20万人にまで膨らみました。1964年には、米国ロサンゼルスで初の海外教室を開校したのを皮切りに、世界各地へ教室を広げていきます。その中には、西洋音楽の本場であるヨーロッパも含まれています。

 実は欧米では、かつての日本と同様に、音楽教育といえば厳しい訓練でプロの演奏家をめざすといった意味合いが強いものでした。幼い子も、先生から厳しく指導を受けます。そんな中、音楽をもっと楽しむ、音楽をもっと好きになるという音楽教室の価値観が新鮮に映り、広く受け入れられます。

 現在、ヤマハ音楽教室は国内2900の会場で35万人以上が学び、海外では40以上の国と地域で19万人以上を集めるなど、一大ネットワークになっています。

 それには、いくつかの理由があると思われます。1つには、教育的効果が認められていること。音楽で幼児・児童の心を豊かに育みながら、グループレッスンなどで社会性や協調性も身に付くようにプログラムがつくられています。こうした側面が子を持つ親から評価されています。

 また、どこの教室でもレッスンの質が保たれていることもその要因でしょう。講師は試験で音楽の能力が試されるだけでなく、新講師研修で指導法の基本をしっかり教え込まれます。

 しかし、何といっても、発展の一番大きな理由は「音楽を楽しむ人を育てる」というコンセプトにあったように思われます。厳しい訓練を通じて楽器の演奏能力を高めるという従来の考え方ではなく、源一は「音楽を楽しむ」ことを主眼に置きました。

 ヤマハ音楽教室の普及とともに、1959年に発売を開始した日本楽器製造オリジナルの電子楽器「エレクトーン」も売り上げを伸ばしましたが、それは副次的な効果で「楽器を売り込むためのものにしない」ことも音楽教室のコンセプトに含まれていました。実際に、音楽教室は公益性を担保すべきとの考えから1966年に財団法人ヤマハ音楽振興会(現:一般財団法人)を設立し、本体から切り離して教室の運営を行っています。

 音楽は、音を楽しむもの。この本質からコンセプトを確立し、それを大切にしているからこそ、ヤマハ音楽教室は世界的に長く愛される存在になったと思われます。新しい事業や商品を生み出し、それを定着させる際には、本質に基づいたコンセプトの確立がポイントになります。それをヤマハ音楽教室は教えてくれるのではないでしょうか。

SID : 00141017

執筆=山本 貴也

執筆=山本 貴也

出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターとして活動。投資、ビジネス分野を中心に書籍・雑誌・WEBの編集・執筆を手掛け、「日経マネー」「ロイター.co.jp」などのコンテンツ制作に携わる。書籍はビジネス関連を中心に50冊以上を編集、執筆。

連載記事≪ロングセラー商品に学ぶ、ビジネスの勘所≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる