LINEで仕事を(第5回)

LINEの「あみだくじ」は役割決めに重宝

2019.09.20

クリップについて

 LINEに「あみだくじ」という機能があるのをご存じだろうか。グループで役割分担を決めたり、飲み会の幹事を誰がやるかを決めたりと、ランダムな結果を求めたいときに便利に使える機能だ。

「あみだくじ」を使うシチュエーション

 プライベートでの使用が多いようにも思えるこの機能だが、仕事でも意外と使える。例えば、記者発表会を開催するに当たり、司会役、受付役、記録写真係、質疑応答のマイク係など、仕事の役割分担を決めるときに役立つ。

 また、プロジェクト案件を複数同時に進行させなければいけない場合、誰がどの案件を担当するかを無作為に決めたいときや、お弁当の買い出しに行く人を決めたりしたいときも、じゃんけんよりも楽しめるし、公平性が保てる。

 では、具体的な使い方を解説しよう。記者発表のときの役割分担決めを想定して説明する。グループ内でも、あみだくじに参加する人を任意に選べるので、対象にしたくない人を外すこともできる。今回は、課長が司会を担当するのは決定済みという仮定で課長は外し、ほかの課員で役割を決めてみよう。

あみだくじを使ってみた… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00145005

執筆=内藤 由美

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

連載記事≪LINEで仕事を≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる