LINEで仕事を(第12回)

LINEの検索機能を駆使して“探しもの”

2020.04.27

クリップについて

 LINEの検索機能は強力だ。どんどん増えていく友だちを手軽に探したり、会話内容を検索したりと、“探しもの”にかかる時間を大幅に短縮できる。

友だちを探す

 友だちが増えてくると、スクロールで探すのに時間がかかってしまう。普段から頻繁に会話する友だちはトークルームも上のほうにあるので探しやすい。だが、久しぶりに連絡する友だちはなかなか探し出せない。そんなときは検索機能を活用しよう。

 ホーム画面またはトーク画面で、上部の検索バーに探したい友だちの表示名を入力する。すると検索結果に表示されるので、「トーク」に表示された名前をタップするとすぐにトークを開始できる。

検索バーをタップし、検索したい文字列を入力する。「トーク」に表示されている名前をタップするとトークルーム画面に遷移する

 

 ただしこれには欠点もある。表示名が本名であればよいが、下の名前だったりアルファベットだったりするとヒットしない。下の名前やアルファベットでも検索してみよう。まるっきり違うニックネームであれば、うっすらでも記憶していないと検索できない。そんなときは、表示名を変更しておくとよい。変更の方法は第9回の「どんどん増える友だちをグループ分けする裏ワザ」を参照してほしい。

会話内容を探す… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00145012

執筆=内藤 由美

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

連載記事≪LINEで仕事を≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる