時短エクセル(第18回)

Excelの新「複数条件の場合分け」が使える

2019.06.03

クリップについて

 Excel 2019で、新しい関数がいくつか追加された。関数はこれまでにもたくさんあったが、とても全部は使いこなせない。しかし、新しく追加された関数のうち「IFS関数」と「SWITCH関数」は、非常に簡単な記述で利用できるので、ぜひ覚えておきたい。

※当記事では練習用のサンプルファイルがダウンロードできます(ページ下部)

得点に応じて「A」「B」「C」「D」のランク分けをする-これまでのIF関数編

 これまでは、複数の条件で場合分けをする場合、「IF関数」をいくつも重ねて(入れ子にして)記述する必要があり、かなり複雑だった。閉じカッコが1つ少ないだけでもエラーになり、入れ子が多くなると間違いを見つけづらい。

 例えば、「合計得点が170以上ならA、120以上ならB、70以上ならC、どれにも当てはまらない場合はD」という場合分けをしたいとする。従来のIF関数なら以下のようになる。

IFを使う場合、「=IF(D3>=170,”A”,IF(D3>=120,”B”,IF(D3>=70,”C”,”D”)))」という記述となり、頭が混乱してしまう

IFS関数を使えば、条件と表示したい文字列を次々と並べて記述していくだけ… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00125018

執筆=内藤 由美

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

連載記事≪時短エクセル≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる