まるっとサービスナビゲーション(第2回)

買わずに利用「パソコンおまかせプラン」まとめ

2020.10.28

クリップについて

 パソコンの月額レンタルサービスとライフサイクル管理に必要なサポート、データレスパソコンによるセキュリティ対策など、パソコンに関わる課題をまとめて解消するサービスがNTT西日本の「パソコンおまかせプラン」だ。パソコンおまかせプランは、Windows 10対応のノートパソコンやデスクトップパソコンに、ワープロや表計算、プレゼンテーションなどのオフィスソフト、OneDriveを備えたMicrosoft 365を標準搭載。フレッツ光などのインターネット回線を介して、データレスパソコンのセキュアな環境で業務が行える。

サブスクで利用するパソコン

 パソコンのライフサイクル管理の困りごとは枚挙にいとまがない。特に中堅・中小企業にとって、この悩みは根深い。今やパソコンは“武士の刀”に相当する。パソコンの調達から導入、利用・運用時のヘルプデスクやトラブル対応など、総合的にサポートするサービスの需要は高い。

 また、パソコンの性能・機能・技術はすぐに向上する。そのときは高スペックなものを用意したと思っても次第に陳腐化する。パソコンはもはや購入・所有するものではなく、サブスクで利用するものと認識したほうが得策という時代になりつつある。

 セキュリティ対策として注目されるのがデータレスパソコンだ。通常、データはハードディスクに保管するが、データレスパソコンはパソコン自体にデータを保存しない。パソコンおまかせプランで用意されるパソコンは、OSやアプリケーションはパソコンにあるが、業務で作成した文書などのファイルはクラウド上のストレージに保管される。

 さらにこのプランでは、パソコンのライフサイクル管理の課題を解決するサービスが手厚い。パソコンを月額レンタルで提供するため、企業の購入・調達の負担を軽減できる。導入・セットアップは作業員が現地に訪問し、行ってくれる。運用フェーズではオフィスソフトの使い方など、パソコンの困りごとをサポートセンターに相談できる。オペレーターが遠隔で、利用者の画面を確認しながらサポートするやり方も可能だ。

 パソコンの自然故障・トラブル対応は、機器故障の場合に代替機を用意するほか、作業員が訪問して環境復旧作業を行う。データはクラウド上に保存されているため、復旧後の利用再開もかなり楽だ。廃棄時(利用終了時)には機器回収とデータ消去を実施。こうした作業は地味に時間や手間を食う。パソコンの運用をNTT西日本に任せれば、企業のパソコン管理負担は大いに軽減されるだろう。

詳細をチェック
“おまかせ”のパソコン導入・運用。手間要らず
この記事では、パソコンのサブスク利用のメリットを紹介しつつ、パソコンおまかせプランのサービスとしての概要が解説される。面倒は“おまかせ”できる時代を実感する。

テレワーク下でのパソコン調達… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00152002

執筆 = 日経BPコンサルティング

執筆 = 日経BPコンサルティング

あわせて読みたい記事

連載記事≪まるっとサービスナビゲーション≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる